パピヨンの認知症や老化現象の症状

パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

犬は人間と同様に種々の症状を経験する

パピヨンの子犬

パピヨンを飼育するのであれば、人間と同様に犬でも様々な老化現象が起こることを理解しておく必要があります。

 

それまでは気にならなかったのに、急に夜泣きをするようになった場合は老化現象が起こっている可能性が高いです。動きたいのに動けない、身体が不快である、痛みを感じる、排泄が上手くいかず気持ち悪いという場合に夜泣きをするようになります。

 

認知症が起こっているときにも夜泣きが起こりやすく、これが原因の場合は方向が分からない、一点を見つめる時間が増えたなどの症状が起こっている可能性が高いです。何に対しても反応が鈍くなったり、飼い主に過度に依存したり、徘徊や同じ行動の繰り返しなども認知症が理由となっている恐れがあります。

 

パピヨンにこのような症状が見られるようになったら焦ってしまうかもしれませんが、年を重ねる上で起こりやすい
疾患の1つだと理解しておくべきです。

 

足腰が弱くなるだけが老化だと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはパピヨンの身体や脳に様々な変化が
起こる可能性があることを知っておきましょう。

 

人と同じように個人差はありますが、経験する可能性が高いのであらかじめ理解を深めておくことが大事です。

犬の老化現象

 

迎え入れる前に対処法を知っておこう

 

パピヨンをブリーダーから迎え入れる前に、老化が感じられたときの解決策を知っておく必要があります。
正しい知識を持っていなければ突然のことに焦ってしまい、間違った行動を選んでしまう可能性が高いので要注意
です。

 

老犬の種々の症状には適度な運動や脳の活性に繋がる行動、睡眠時間の変更、身体への刺激などが効果的となるケースが多いです。日光浴を行ったり、サプリメントや内服薬を取り入れることが解決に繋がることもあります。
状態や症状の進行具合によって選ぶべき方法は違っているので、何を行えば良いか分からない場合はブリーダーや動物病院の医師に相談することがおすすめです。

 

専門家に相談すれば、そのときに何を行うことが効果的なのかアドバイスをもらうことができるので、間違った対策を取り入れてしまうリスクを回避できます。せっかく対処していても間違った内容では意味がないので、適切な処置ができるようにしておくことが重要です。

 

パピヨンを向かえる前に解決法を理解しておき、いざというときには素早く的確に対策が講じられるようにしておきましょう。年老いてから大切なパピヨンが少しでも快適に過ごせるようにするためにも、こうしたことに気をつけておくと良いです。

医師のアドバイス

 


 

トップページ * パピヨンの特徴 * 成長の過程 * 飼主の責任 * 理解し合う * 飼育環境 * 混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域 * 名前の由来 * パピヨンの絵画 * よく似た犬種 * パピヨンの歴史 * 知りたい知識 * シングルコート * パピヨンのお手入れ * パピヨンの認知症や老化現象とは * カットの種類の違い * サイトマップ

CONTENTS