ブリーダーもおすすめするトリミングや手入れの方法

パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

パピヨンのカットは必要なのか

パピヨンの子犬
 

日本は夏になると暑いですし、長毛の犬種はより暑そうなイメージを持つかもしれません。
そのためパピヨンのサマーカットを考える人もいるでしょう。


これは耳の飾り毛を残し、体の毛だけを短く手入れするスタイルが多いです。
毛を短くカットすることですっきりした印象になりますし、
華奢で可愛らしい印象に仕上がることが人気の理由となっています。


しかし、ブリーダーによると、パピヨンのカットは必ずしも必要ではないということです。
確かにカットをすると見た目は涼しげな印象になりますが、犬の毛は夏の暑さから体を守るという役割を担っています。


パピヨンなどの小型犬は地面にとても近い位置で過ごすため、照り返しによる反射熱を受けやすいということです。
長い毛には反射熱を防ぐという役割があるため、カットによって毛を短くしすぎるのは良くないのです。


パピヨンはカットをしなくても毛がずっと伸び続けるわけではなく、一定の長さになると伸びなくなります。
毛を短くしすぎた場合、毛が伸びにくくなってしまったり、毛質が変わってしまうこともあると言われています。

パピヨンの毛の手入れ
そこでカットをする時にはトリマーとしっかり相談し、メリットとデメリットを聞いてから行うようにしましょう。

 

パピヨンのトリミング方法

パピヨンのサマーカットが人気となっていますが、この犬種はもともとカットの必要がないとされています。
そのため普段は足回りの毛を整える程度のカットにしておきましょう。


頻度は月に1回程度で良いですし、シャンプーと合わせてカットしてあげるのがおすすめとなっています。
また、迎えたばかりの子犬がすぐにカットできるというわけではありません。


いろいろな犬が利用するサロンの場合、感染症のリスクも高まります。
子犬は生後2~3ヵ月頃になると感染症にかかりやすくなるため、ワクチン接種が終わってからカットしてもらうようにしましょう。


パピヨンのトリミングは基本的にプロに任せることになります。
ですが、簡単なカットなら自宅で行っても良いかもしれません。


パピヨンのカットを自宅で行う場合、すきばさみを使用するのがおすすめです。
また、カットする部位によってはバリカンや耳毛切り用のハサミを使い分けると良いでしょう。


いろいろな道具を使い分けるのは面倒かもしれませんが、愛犬の安全性を考えるなら道具選びがポイントとなるのです。
毛並みに逆らわずにカットをすることにより、綺麗に整えることができます。


怪我を防ぐためには、皮膚とはさみの距離を確認することが重要です。

パピヨンの子犬を迎える

 

トップページ * パピヨンの特徴 * 成長の過程 * 飼主の責任 * 理解し合う * 飼育環境 * 混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域 * 名前の由来 * パピヨンの絵画 * よく似た犬種 * パピヨンの歴史 * 知りたい知識 * シングルコート * パピヨンのお手入れ * パピヨンの認知症や老化現象とは * カットの種類の違い * サイトマップ

CONTENTS