パピヨンのサマーカットとデザインカットの違い

パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

パピヨンのカットの種類とその違い

パピヨンの子犬
 

犬の人気のカットにはサマーカットやデザインカットなどさまざまな種類があります。
それぞれ仕上がりが違うので見た目の印象も変わってきます。


サマーカットは、短くカットする方法になり、見た目がとってもキュートな仕上がりになります。
暑い夏が近づくとすっきり短くしたくなる飼い主さんも多いです。


パピヨンの場合は、特徴的な耳を飾り毛にして体の部分を短く切ります。
長い毛を切ることで、すっきりとした見た目になり顔を小さく見せることもできます。


しかしパピヨンの毛は伸びにくい性質があるので、サマーカットのように
短くしてしまうともとの美しい毛に戻らなくなってしまう恐れがあるので、
事前にトリマーさんに意見を聞くようにすると良いです。

飼い方の相談
デザインカットは、プードルのように大胆な使用にすることはできないのですが、
トリマーさんのプロの技術を用いて、綺麗な長い毛を活かすカットを施していきます。


この切り方はトリマーさんの感性がすべてになり、パピヨンをより一層かわいく仕上げることができます。
パピヨンのカットは、一時的に見た目がかわいくなるのですが、伸び方や質が変わってしまうこともあるので注意する必要があります。

 

パピヨンの毛の生え方

犬の毛の生え方にはダブルコートとシングルコートがあります。
ダブルコートは、皮膚に直接覆って体温の調節をするアンダーコートと
その上を覆うように生えている硬めの被毛で外気の温度をから体温を守る
オーバーコートの2層構造の犬を指します。


換毛期には大量の抜け毛が出ます。シングルコートはアンダーコートが無い犬になり、
換毛期だからといって抜け毛が増えることがないといった特徴があります。


パピヨンはシングルコートになり、抜け毛が少ない犬種だと言われていて室内で飼いやすいです。

室内犬としてのパピヨン
病気の予防をするには、ブラッシングが大切になります。パピヨンは毛が長いので、
定期的なブラッシングをおこなわないと毛の中にほこりや汚れがたまってしまいます。


抜け毛が少ないシングルコートの犬種だからといって、ブラッシングをさぼってしまうと、
毛玉ができてしまうのです。毛玉ができると、フェルト状の分厚い被毛が通気性を悪くして、
皮膚炎などを引き起こすリスクが高くなってしまいます。


ブラッシングをすることで、血流を促進させることもできるので、病気予防に役立てることができます。
シャンプーも定期的におこなう必要があります。しかし過度なシャンプーは返って皮膚に負担を与えてしまうので注意する必要があります。

 

トップページ * パピヨンの特徴 * 成長の過程 * 飼主の責任 * 理解し合う * 飼育環境 * 混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域 * 名前の由来 * パピヨンの絵画 * よく似た犬種 * パピヨンの歴史 * 知りたい知識 * シングルコート * パピヨンのお手入れ * パピヨンの認知症や老化現象とは * カットの種類の違い * サイトマップ

CONTENTS